劉備

劉備

劉備(りゅうび)
字は玄徳。中山靖王の末裔。関羽、張飛と義兄弟の契りを結んだ「桃園の誓い」の後、黄巾賊平定の戦いで功をあげる。国を得ては失うなど、長きにわたる戦いの末、蜀漢を建国する。死後、昭烈帝と諱された。
もどる