簡雍

簡雍

簡雍(かんよう)
字は憲和。劉備と同郷の出身で、古くからの幕僚として仕えた功臣。入蜀の際、簡雍は劉備の使者として、益州の太守劉璋に拝謁し、降伏を認めさせている。史実によると簡雍はざっくばらんな人物で、劉備を笑わせることもあったという。
もどる