厳顔

厳顔

厳顔(げんがん)
益州の太守劉璋の配下。劉璋が益州に劉備を迎え入れようとした際「虎を招くようなもの」と反対し、攻め寄せた張飛の軍を苦しめるも、策にはまって降伏した。その後、同じ老将である黄忠と共に漢中攻略で戦果をあげるなど活躍した。
もどる