法正

法正

法正(ほうせい)
字は孝直。元は益州の太守劉璋に仕えていたが、友人たちと国を劉備に治めてもらおうと画策、三国鼎立に少なからぬ役割を果たした。主を劉備としてからは軍事を司る参謀役として活躍、漢中の戦いにおいては魏の名将夏侯淵を破っている。孔明は彼の死を嘆いたという。
もどる