周倉

周倉

周倉(しゅうそう)
元黄巾賊の大将。劉備妻子を守るため曹操に降っていた関羽と出会い、後に帰参を許されて配下となる。厚い胸板に怪力の持ち主で、濁流渦巻く流れに飛びこんでも平気なほど泳ぎが得意だった。関帝廟においては今なお、関平とともに関羽の左右を守る姿が見られる。
もどる