夏候覇

夏候覇

夏候覇(かこうは)
字は仲権。夏侯淵の次男。魏の名門夏候氏にあって特に将来を嘱望されていたという。司馬懿の軍に従軍、諸葛亮を迎え撃つ際には先鋒を務めた。後に司馬懿が魏の実権を握ると蜀に亡命、姜維の右腕となった。奇しくも彼が難敵と評した鄧艾と鍾会が蜀を落としている。
もどる