王平

王平

王平(おうへい)
字は子均。元は魏の曹操の配下であったが、上官であった徐晃とのいさかいで命の危険を感じ、蜀の趙雲の元に投降した。以降は副将として南蛮征伐などに従軍し、祝融をとらえるなどの功をあげている。慎重な性格と確実な働きを諸葛亮も高く評価したという。
もどる