関銀屏

関銀屏

関銀屏(かんぎんぺい)
関羽の三女。関三小姐とも呼ばれた。孫権が彼女を自分の息子の嫁にするため、父親の関羽に使者を送ったが、彼は「虎の子を犬の子に嫁がせる奴がいるか」と言い使者を追い返した。また、関羽が呂蒙と陸遜に敗れ亡くなった後、彼女は趙雲に師事し武芸を身につけ、諸葛亮の南征に同行し活躍した。
もどる