黄月英

黄月英

黄月英(こうげつえい)
諸葛亮の妻。褐色の肌の持ち主で、渡来人であったとする話や、わざと化粧をして美貌を隠して目立たぬようにしていたという逸話が伝わっている。夫と同様の聡明さを持つ人物で、木牛流馬などは彼女が発明したという。
もどる