沙摩柯

沙摩柯

沙摩柯(しゃまか)
南方異民族の王。赤い顔に碧眼の持ち主。蜀の劉備に味方して呉に攻め入り、病を得ていた甘寧を死に追いやる。しかし、陸遜の火計によって蜀の本軍が敗れると撤退を余儀なくされ、追撃の将周泰に討たれた。劉備はその死を悲しんだという。
もどる