文聘

文聘

文聘(ぶんぺい)
字は仲業。元劉表に仕えた将軍。曹操に荊州が奪われた際、出頭の求めになかなか応じなかったが、その理由は荊州を守ることができなかったことへの自責の念からであったという。先主への忠義を曹操は賞賛したという。
もどる