張允

張允

張允(ちょういん)
劉表の配下。蔡瑁の腹心。後に荊州を得た曹操の元に降り、水軍の要職を任された。しかし栄華は続かず、魏の水軍が力をつけることをよしとしなかった周瑜の策にかかると、曹操に呉との内通を疑われ、蔡瑁と共に処断された。
もどる