張遼

張遼

張遼(ちょうりょう)
字は文遠。元呂布配下の将として曹操軍を苦しめたが、後に帰順して官渡の戦い、北方異民族との戦いなどで活躍した。対呉の要衝を守備した際には、呉の子ども達が張遼の名前を聞くだけで夜泣きを止める、と言われたほど畏怖されたという。
もどる