鐘会

鐘会

鐘会(しょうかい)
字は士季。蜀に投降した夏候覇の口から姜維に告げられた、魏の若き脅威のひとり。そのもうひとりである鄧艾と功を競って蜀の攻略に挑み、漢中を取る。蜀を得て自身の国を建てるという野望の元、投降した姜維と魏への反逆を計画するが、事が露見して命を落とした。
もどる