関羽

関羽

関羽(かんう)
字は雲長。劉備、張飛の義兄弟。劉備が曹操に敗れた際、劉備を護るため曹操の捕虜となった。曹操は関羽を手厚く礼遇したという。その後張遼と共に顔良への 攻撃を命じられると、赤兎馬で突撃し反撃の間を与えず顔良を撃破。曹操への義を果たした関羽は、曹操からの褒美は受け取らず、劉備の元へ戻っていった。曹 操は、関羽の劉備への忠義に感服し、部下には追跡しないよう命じた。
もどる