郝昭

郝昭

郝昭(かくしょう)
字は伯道。若い頃から曹操に仕えていた。各地を転戦してはその勇猛さを発揮した武将だったという。諸葛亮の率いる数万の蜀軍が陳倉城に攻めこむと、当時守備を任されていた郝昭はわずか数千の人数で迎え撃った。諸葛亮の猛攻を頑強に守りぬき、二十数日後蜀軍を撤退させた。
もどる