夏候惇

夏候惇

夏候惇(かこうとん)
字は元譲。曹操の縁者。従弟の夏侯淵と共に旗揚げに参加した古参の将で、後に最高の位である大将軍となった。度々、呂布と戦う、火計をめぐらされるなど、敗退退却を余儀なくされることも多かったが、曹操臨終の時まで生き残り、魏の成立に大きな役割を果たした。
もどる