甘寧

甘寧

甘寧(かんねい)
字は興覇。若い頃は勉学と遊侠を好み、徒党を組んで湖賊となっていた。後に劉表の配下となったものの重用されず、後に孫権の元に降っている。先鋒として多くの武功をあげ、孫権には「曹操に張遼あり、我に甘寧あり。釣り合いがとれている」と評されたという。
もどる