黄蓋

黄蓋

黄蓋(こうがい)
字は公覆。孫堅配下の将として董卓との戦いなどに参加する。孫権の代となってからは、赤壁の戦いにおいて降伏ではなく開戦を主張、周瑜に自身の老体を鞭打たせた後の偽りの投降で曹操をだます「苦肉の策」を成功させ、敵の軍船を炎で包み込んだ。
もどる