朱治

朱治

朱治(しゅち)
字は君理。孫堅の代からの呉の将軍。孫堅の死後、若き孫策が袁術の元で不遇をかこっていた際、伝国の玉璽を質に兵士を借り受け、独立することを進言した。赤壁の戦いにも参加している。
もどる