闞沢

闞沢

闞沢(かんたく)
字は徳潤。孫権の招きに応じて仕官した呉の幕臣。赤壁の戦いにおいて、周瑜と黄蓋がうった「苦肉の策」に気付き、自身は黄蓋投降の使者として魏陣営の曹操の元に赴いた。一度は策を曹操に見破られるものの、闞沢は動ぜぬ態度で話を続け、計略を成功へと導いた。
もどる