蒋欽

蒋欽

蒋欽(しょうきん)
字は公奕。周泰と共に揚子江で賊となっていたところ、孫策の威風に触れて配下となった。以降、江東の平定で活躍した。赤壁の戦いにおいては、一軍を率いて勝利に貢献している。呂蒙と同じく功をなしてから勉学にいそしみ、知勇兼備の良将となった。
もどる