魯粛

魯粛

魯粛(ろしゅく)
字は子敬。富豪として知られる。旧友である周瑜の推挙に応じて孫権の家臣となった。赤壁の戦いにおいては、周瑜と共に徹底抗戦を主張し、劉備との同盟を成功させるべく諸葛亮を呉に招いている。周瑜亡き後は遺言によって都督の位と軍を引き継いだ。
もどる