周泰

周泰

周泰(しゅうたい)
字は幼平。元は蒋欽と共に揚子江で賊となっていたが、孫策の勇名に惹かれて配下となった。彼のことを気に入っていた孫権に同行した任地先で山賊の襲撃に遭い、危ういところで撃退に成功している。赤壁の戦いでは二番手の軍勢を率い、曹操軍に大打撃を与えた。
もどる