丁奉

丁奉

丁奉(ていほう)
字は承淵。孫権に仕えた名将のひとり。赤壁の戦いにおいては、炎に包まれた曹操軍に斬り込み戦果をあげた。その後、呉にとって鬼門ともいうべき魏の名将張遼を討ち取っている。老年となった丁奉は、蜀存亡の危機に加勢の軍をだしたが、成都は陥落したのだった。
もどる