呉国太

呉国太

呉国太(ごこくたい)
孫家一族を支えた女性。孫堅の妻。孫尚香らの母。孫策や孫権らの母である呉夫人は姉。若くして亡くなった姉に代わり、遺された子らを自分の子として愛した。周瑜の献策により孫尚香が劉備と婚姻を結んだ際には、父ほども歳の離れた新郎に「英雄の威風」を認めたという。
もどる