凌操

凌操

凌操(りょうそう)
孫策・孫権に仕えた呉軍武将で、凌統の父。決断力があり、武勇に秀でた人物で、常に孫策軍の先鋒として活躍した。また、部下に凌統を従え山越討伐で功をあげる。しかし、黄祖討伐時、当時黄祖の配下武将の甘寧に迎え撃たれ矢で射殺された。
もどる