虞翻

虞翻

虞翻(ぐほん)
字は仲翔。呉の政治家。若い頃から学問に励み、教養ある優れた人物だったという。孫策の遠征に従軍すると、3つの郡を制覇した。さらに、関羽との戦いの際は彼の命運を占い、死期を見事言い当てた。ただ、剛直で君主に対しても遠慮なく発言する性格が災いし、孫策のあとを継いだ孫権に嫌われ、左遷されてしまったという。
もどる