黄祖

黄祖

黄祖(こうそ)
劉表の将。江夏の太守。孫堅を討ち取ったことから、孫策孫権の仇敵となった。元湖賊であった甘寧を配下としていたが重用せず、後に甘寧は呉に降っている。後に孫権に攻め寄せられて敗れた際、黄祖を討ち取ったのは甘寧であった。
もどる