李傕

李傕

李傕(りかく)
董卓配下の将。郭汜と共に洛陽から長安への遷都を強行した。董卓亡き後の朝廷を郭汜と牛耳り、一時は権勢をふるうことに成功するが、献帝の脱出を許した後は皇帝の庇護者となった曹操に追われ、山賊と成りはてた末、部下にその命を奪われた。
もどる