劉焉

劉焉

劉焉(りゅうえん)
字は君郎。幽州の太守として黄巾賊討伐にあたっていた際、義勇兵を募った。求めに応じた若き劉備を同じ『劉』性であったことから甥と呼び兵を与えた。後に益州の太守となって一大勢力を築き、それは劉備の建国する蜀漢の礎となった。
もどる