顔良

顔良

顔良(がんりょう)
袁紹配下の大将。同じく勇将として知られた文醜と共に袁紹軍の双璧を成した。「白馬の戦い」において曹操配下の将を討ち取り、徐晃を敗走させるものの、当時一時的に身を寄せていた関羽によって一刀のもとに斬り伏せられた。
もどる