文醜

文醜

文醜(ぶんしゅう)
袁紹配下の大将。反董卓連合の盟主として華雄と対峙した際に、敵のあまりの勇猛ぶりに臆した袁紹は、文醜と顔良を連れて来なかったことを嘆いたという。後に顔良の仇を討つべく曹操軍と戦った際、張遼は退けたものの関羽には敵わずに敗れた。
もどる