張宝

張宝

張宝(ちょうほう)
黄巾の乱において反乱軍の指揮をとった。太平道の教祖である兄張角より与えられた称号は「地公将軍」。張梁は弟。前線の指揮官として官軍に対抗した。兄を病で、弟を戦で失った後も黄巾党をまとめていたが、次第に追い詰められて敗れた。
もどる