兀突骨

兀突骨

兀突骨(ごつとつこつ)
南蛮「烏戈国」の王。諸葛亮の南蛮行で苦戦を強いられていた孟獲に援軍を要請され、参戦する。諸葛亮との戦いでは、油で塗り固められた鎧を装備する「藤甲兵」を率いて迎え撃ち、刀や槍を通さない高い防御力、水の中でも身軽に動ける機動力で魏延ら蜀軍を圧倒した。
もどる