華雄

華雄

華雄(かゆう)
董卓配下の大将。反董卓連合の軍が攻め寄せた際、迎撃にでようとした呂布を止めて自らが出陣すると、孫堅配下の祖茂など、各軍の将を次々に討ち果たした。その華雄を討ち取ったのは、劉備や張飛とともに参戦していた関羽であった。
もどる