鄒氏

鄒氏

鄒氏(すうし)
董卓軍武将・張済の妻。張済の死後は彼の甥・張繍の元に身を寄せる。絶世の美女で張繍は彼女に心奪われたという。その後張繍が曹操に降伏した際、曹操に見初められ、曹操は一日中鄒氏の屋敷に入り浸った。この出来事に激怒した張繍は、曹操を奇襲。彼女の虜になっていた曹操は対応が後手なり、曹操を守った典韋 や曹昂が戦死する。
もどる