何進

何進

何進(かしん)
何皇后の兄。何進の生家は屠殺を生業としていたが、妹が霊帝の後宮に入ると、彼も官職を得た。張角が黄巾の乱を起こすと彼は大将軍に命じられ、密偵を捕え るなどの活躍をする。霊帝が崩御し、妹とは別の側室の子が即位しそうになると、何進はそうはさせじと袁紹と共に出兵し宮中を制圧。そして、妹の子は即位し 小帝となった。
もどる