孟優

孟優

孟優(もうゆう)
南蛮の王・孟獲の弟。
蜀軍との戦いの際に孟獲の計略により、諸葛亮の下へ偽投降の使者として立った。だが、計略だと見抜いた諸葛亮により薬の入った酒で酔わされた為に失敗、趙雲に捕えられる。釈放後には西洱河の戦いにて再度蜀軍と対陣しているが、またも諸葛亮の計略によって敗れ、捕えられる事となった。その後も孟獲と共に反抗するが、孟獲と同様に7度目に降参。兄と共に南蛮の地を任された。
もどる