張角×何進

張角×何進

張角×何進(ちょうかく×かしん)
張角・何進は黄巾の乱で対峙した武将である。太平道を擁す張角が自らを“天公将軍”と名乗り黄巾の乱を起こした際、何進は大将軍に命じられ、首都の守備や密偵を捕えるなどの功績を挙げた。乱を鎮圧され追い込まれた張角は、広宗に拠って抵抗するも、病死してしまう。
もどる