張繍×典韋

張繍×典韋

張繍×典韋(ちょうしゅう×てんい)
張繍に恨みを抱かれていると知った曹操は、密かに張繍を殺害する計画を立てた。しかしこれに気付いた張繍は、配下の策士賈詡の進言を受け入れ曹操に夜襲をかける。このとき、典韋は曹操を守るべく奮迅するも、命を落としてしまう。怪力無双の豪傑を失った曹操は、涙を流し悲しんだという。
もどる