関羽×顔良

関羽×顔良

関羽×顔良(かんう×がんりょう)
白馬の戦いにおいて、袁紹軍の将帥である顔良は曹操軍の魏続・宋憲を討ち取り、徐晃をも撃退する。旗色が悪くなった曹操は、荀攸の進言を受けて関羽を顔良に向かわせた。顔良を見た関羽は敵軍の中にただ一騎で分け入り、一刀のもとに顔良を斬り伏せた。
もどる