王異×馬超

王異×馬超

王異×馬超(おうい×ばちょう)
馬超が突如として冀県を攻撃し反乱を起こした際、王異は当時極めて稀だった女武将として勇敢にも立ち向かった。戦いは長期に及び、飢餓に苦しむ王異側は韋康の提案で馬超に和議を求めたが、王異はこれに反対し、息子を犠牲にしてまでも戦いぬくことを決意していた。
もどる