魏延×楊儀

魏延×楊儀

魏延×楊儀(ぎえん×ようぎ)
共に蜀に就く二人であるが、その仲は一触即発な関係が続いた。諸葛亮の死後、楊儀は諸葛亮の遺言に従って諸将を統御し、全軍撤退を行うが、魏延は命令に背き、しかも兵を挙げて楊儀を討とうとした。ところが魏延に味方するものは少なく、魏延配下の兵すら楊儀に味方したため、結局魏延は楊儀の命を受けた馬岱の軍勢によって殺害された。
もどる